このブログについて

ココカラ

ニックネーム:ココカラ
あなたの町から始まる情報バラエティ。ナビゲーターは、ターザン山下。主役は、学生・社会人・主婦の皆さん!?

くわしく見る

« 次回のココカラは… | メイン | 11月2日~放送のココカラは… »

2015年10月26日 (月)

10月26日~11月1日放送のココカラは…

10月26日から11月1日放送のココカラは

神戸市兵庫区の和田岬界隈

訪ねています。



和田岬といえば、大輪田泊(おおわだのとまり)として

昔から貿易の拠点として栄えたところ。

今の国際港・神戸の礎となったところです。

そして大輪田泊の整備に力を注いだのが

平清盛

そこで今回は平清盛ゆかりの地を中心に

街を巡ってきました。







◎和田神社



とっても広大な神社で

正面の赤い鳥居が印象的です。

ここは清盛が大輪田泊を整備する時に

その成功と繁栄を願って、

安芸・厳島神社の神様を祀ったとされています。



これからこの地を国際港として発展させていこうという、

清盛がその力を伸ばしていく時期にまつわる地

ということになります。



またこちらの宮司さん、

兵庫区の観光ボランティアを務められています。

とても物知りで、面白い話を次々と語ってくれます。



神戸市兵庫区和田宮通3-2-45

078-652-1551





◎薬仙寺



清盛が後白河法皇を幽閉したという

萱(かや)の御所跡があるお寺です。



法皇を幽閉って、すごいことですよね。

当時の最高権力者である法皇を閉じ込めてしまう、

つまりより強い力を持っていたということですよね。

経済力、軍事力ともに強大になり過ぎて、

法皇と対立するにまで及んでしまったのでしょうか?

平家の力がピークに及んでいた時期を

象徴する場所とも言えるでしょう。



そしてこの地のすごいことがもう一つ。

幽閉されていた後白河法皇のもとに、

とある僧が忍び入り、

平家打倒の院宣をもらいます。

それを伊豆に配流されていた源頼朝のもとへ届け、

挙兵のきっかけとなった、ということです。

ということは、

この地から源平の逆転ストーリーが始まった

と言っても、言い過ぎではないでしょう。





神戸市兵庫区今出在家町4-1-14

078-671-1696





◎清盛橋~清盛塚



薬仙寺から少し北へ向かったところ、

兵庫運河にかかる橋が清盛橋

この橋の欄干には

源平合戦の様子が描かれています。



橋を渡り切った先にある交差点には

清盛塚があります。

かつては清盛の墓ではないかと

考えられていたそうですが、

近年の調査で、墓ではなく

供養塔であることがわかったそうです。



貿易を盛んにしようと意気盛んだった頃に訪れていたであろう和田神社、

力が強大になり過ぎ法皇と対立した萱の御所跡、

それぞれを訪れた後に、清盛橋の源平合戦と清盛塚を見ると

複雑な気持ちになります。

源平合戦で平家は敗れ、滅びてしまうわけで、

このわずか数百メートルの距離を歩くだけで

平家の栄枯盛衰が見られたような気がします。







◎淡路屋



駄菓子屋さんでもあり、クレープのお店でもあります。

また店内には飲食スペースもあり、

時間帯によって様々なお客さんが訪れます。



子どもたちが賑やかな声を響かせていることが多いのですが、

お昼休みにはクレープを味わうOLさんが集まります。

そして時にはお酒を楽しむ大人もやってきます。

今回のターザンさんのように…



大阪の一般的なたこやきと、明石焼きの

両方の特徴を持った神戸たこやき

どんぶり鉢に盛り付けたたこやきに

たっぷりの出汁をかけて、

さらにたこやきにはソースをかけます。

兵庫区や長田区周辺で親しまれているそうです。

大阪と明石の中間に位置する場所だからでしょうか、

この神戸たこやき、ぜひ一度味わってみてください。



神戸市兵庫区笠松7-3-6

078-671-1939

日曜定休



◎兵庫大佛 能福寺



奈良・鎌倉と並び、三大大仏と言われている兵庫大佛

あるお寺です。

この大佛にまつわるエピソードとして、

ターザンさんから、親思いのいい話をしてもらいました。



またこちらのお寺は清盛が

剃髪出家をしたところと言われております。

境内には平相国廟(へいしょうこくびょう)があります。



神戸市兵庫区北逆瀬川1-39

078-652-1715







※取材先の情報は放送時点のものです。

 ご了承ください。