このブログについて

ココカラ

ニックネーム:ココカラ
あなたの町から始まる情報バラエティ。ナビゲーターは、ターザン山下。主役は、学生・社会人・主婦の皆さん!?

くわしく見る

« のせでんアートライン | メイン | 次回のココカラは… »

2015年10月19日 (月)

10月19日~10月25日放送のココカラは…

10月19日から10月25日放送のココカラは

神戸市中央区の兵庫県庁界隈

訪ねています。



まずは兵庫県広報専門員の方の

案内で兵庫県庁舎を見てきました。



兵庫県広報専門員とは、

県(行政)と県民の中間の立場から、

県政についての情報を分かりやすく

発信してくれる方たちです。

 (詳しくは2つ前の記事を参照してください)



番組後半には、学園祭の準備に頑張る

学生たちを取材しています。





◎兵庫県公館



かつて4代目兵庫県本庁舎として使われ、

明治期のルネサンス建築の様式を残す

重要な歴史的文化遺産。



現在は、県の重要な公式行事に使われる迎賓館

県政の歩みを紹介した県政資料館として

使われています。



県政資料館はミュージアム感覚で

平日と土曜に中を見学することができますし、

迎賓館も土曜は一般開放しています。

また建物周りの庭園も落ち着ける空間になっています。





◎みどり展望園(兵庫県庁舎2号館13階)



現在の兵庫県庁舎2号館にある展望園。

南北両面が広くガラス張りになっており、

素晴らしい眺望が楽しめます。



南側には海が広がり、

北側には六甲の山が迫る、


神戸の地形がとてもわかりやすく見られます。



こちらも開庁時間中は

一般の人でも利用することが可能です。

県庁の職員ではなくても、

特に県庁に用事が無くても、

訪れて休憩したりできるんです。



お昼の時間には、お弁当を持ってきて

景色を楽しみながら食べる人も

いるそうですよ。





◎神戸栄光教会



兵庫県庁舎を出てすぐ目の前にある

赤レンガが印象的な建物の教会です。





こちらの教会は、阪神淡路大震災で

全壊の被害にあいましたが、

その後すぐにテントの礼拝堂を設営し、

礼拝を守り続けたそうです。



ターザンさんも、当時の様子を

はっきり覚えているそうで、

牧師さんのお話しを真剣に聞いていました。



またこちらではヌーンコンサート

お話しも伺いました。

教会の敷居はけして高くないということを

知ってもらうため、

もっと一般の方に来てもらおうと始まった

お昼の一時を楽しむコンサート。

10月中の火曜と金曜を中心に開かれています。



こちらの礼拝堂には見事なパイプオルガン

あるのですが、

日によってはその音色も楽しめます。



今年の残る開催日は

10月20日(火)ピアノ

10月23日(金)オルガン

10月30日(金)オルガン

いずれも12時20分~12時50分

会場は神戸栄光教会礼拝堂、

入場は無料
です。



お昼休みが、優雅な一時に変わる、

そして温かい気持ちになれるヌーンコンサート。

残り少ないチャンスしかありませんが、

ぜひ一度行ってみてください。

おすすめです。



神戸市中央区下山手通4-16-1

078-331-2286







◎てぃだ かふぇ



県庁舎から北側にある相楽園、

その広大な敷地を越えたあたりにある、

おしゃれなカフェ。

9月28日にオープンしたばかりという

新しいお店です。



さらに北へ少し進むと

神戸山手大学・短期大学などがあり、

学生たちも多く訪れる場所です。



ちなみにてぃだとは

沖縄の言葉で太陽のこと。

ご店主が沖縄のことが好きで、名付けたそうです。



お店の雰囲気はおしゃれですが、

おすすめは粉モン!

今回はお好み焼きをいただきました。



学生に向けてお手頃価格に抑えているのも魅力。

お昼にはお好み焼きにドリンクがついた

ランチセットが

ワンコイン(500円)でいただけます。



木の温もりとてぃだのごとく明るい店内で

落ち着いた時を、

粉モンをいただきながら過ごしてみてください。

もちろん粉モン以外の

カフェメニューも充実していますよ。





神戸市中央区山本通5-5-18-1F

078-362-0678

営業時間:8時00分~19時00分

日祝定休





◎神戸山手大学・短期大学



昨年11月17日更新号で取材に行かせてもらいました。

その時の取材日は

諏訪山祭(こちらでは学園祭をこう呼んでいます)の当日。

学生たちが、自分たちのアイデアをもとにした

オリジナルのパンを販売していました。



 ※こちらの画像↑は昨年11月17日更新号からです



今年もまもなく諏訪山祭

そこで準備を進める学生たちの様子を見てきました。



まずおじゃましたのは、

キャリア・コミュニケーション学科

土井先生のゼミ。

昨年、取材させてもらったのもこちらのゼミです。



「ステキ」「カワイイ」をキーワードに、

神戸を元気にするため

できることに取り組んでいます。



今年の諏訪山祭では、

仮想パン屋港やパンというカフェをオープン。

日本・フランス・ベトナム風の

3種類のオリジナルサンドイッチを創作。

国際都市神戸にちなみ、日本と海外文化との

融合クロスオーバー

サンドイッチで表現しています。



またこちらは

11月中に中央区のパン屋さんなどで開かれる

KOBEパンのまち散歩

連動企画にもなっています。





続いて案内してもらったのは

構内を流れる川。

こちらはなんとホタルを見ることができるそうです。

こんな街中でホタルとは以外ですが、

観賞時期にはキャンパスの一般開放もしているそうです。





最後おじゃましたのは

ダンス部チームAZ



諏訪山祭のステージでダンスを披露するそうです。

この日はそれに向けた練習中。

まだ習熟途中で、人数も揃っていませんでしたが、

お願いして実際にダンスを目の前で踊ってもらいました。



本番の諏訪山祭当日ではきっと

素晴らしいダンスを披露してくれることでしょう。



諏訪山祭

11月7日(土)と8日(日)

神戸山手大学と短期大学で開かれます。

ぜひ訪れてみて、

学生たちの頑張りの成果をご覧になってみてください。



神戸山手大学 神戸山手短期大学

大学祭実行委員会

神戸市中央区諏訪山町3-1

078-341-8550





※取材先の情報は放送時点のものです。

 ご了承ください。